電話・Webご予約毎日受付
TEL 0120-843-314(または 045-548-3104)
※電話受付時間は診療時間と同じになります
[診療時間] 10:00~19:00 
[休診日] 木・日 
休診日も電話予約可能です。
▶臨時休診のお知らせ

下肢静脈瘤はその名のとおり、足(下肢)の血管(静脈)がコブ(瘤)のようにふくらんでしまう病気です。

命にかかわる病気ではありませんが、慢性的な足のだるさやむくみ、
皮膚の変色などの症状を引き起こし、生活の質を低下させます。

自然に治癒することはほとんどなく、進行すると皮膚の潰瘍など重大な症状を引き起こすことがあります。

なぜ静脈瘤ができるのか?

血管には、心臓の力で身体のすみずみまで血液を送る”動脈”と、酸素や栄養を送り届けた血液を心肺まで戻す”静脈”の2種類があります。

下肢の静脈は、筋ポンプ作用(筋肉の収縮を動力とすること)により血液を心臓に送り戻します。この際、静脈の内部に存在する”静脈弁”と呼ばれるストッパーが働き、重力による血液の逆流を防いでいます。

この静脈弁が老化や疲労などで正常に機能しなくなると、静脈内で血液の滞留が発生し、コブ状にふくらんで”静脈瘤”となり、さまざまな足の不調を引き起こします。


  • 大伏在静脈瘤(太もも)
    大伏在静脈瘤の写真
  • 小伏在静脈瘤(ひざ下)
    小伏在静脈瘤の写真
  • 網目状静脈瘤
    網目状静脈瘤の写真
  • クモの巣状静脈瘤
    クモの巣状静脈瘤の写真

静脈瘤を進行させる要因

  • 加齢による体力・筋力の衰え
  • 筋ポンプ作用が低下する長時間の立ち仕事
    (美容師・調理師・工場勤務・家事など)
  • 妊娠・出産による下肢の静脈への負荷
  • 便秘など、腸の拡大による静脈の圧迫
  • 重度の肥満による血行不良
  • 血縁者に下肢静脈瘤患者がいる(遺伝)
下肢静脈瘤の可能性

下肢静脈瘤セルフチェック

  • 立っているとすぐ足がむくむ
  • 足がだるい・歩くとすぐに疲れる
  • 足がほてる・熱を感じる
  • 足に湿疹やかゆみがある
  • 就寝中、または朝方よく足がつる(こむら返り)
  • 足の血管がクモの巣状に見える
  • 足の血管がボコボコと浮き出ている
  • 足の皮膚に変色した部分、硬い部分がある
  • 両親や親戚に下肢静脈瘤と診断された人がいる

ひとつでも当てはまる場合は下肢静脈瘤の可能性があります。

image selfcheck

PAGETOP
Copyright © Shinyokohama Beauty and Vascular Surgery Clinic All Rights Reserved.